火の谷より湧き出る天然銘水を仕込水に。

ワインのように味と香りを楽しめるクラフトビール。

It is brewed with finest spring water. You can enjoy the taste and aroma like wine.

 

若き職人達が造る、挑戦的ビール

Young brewers' brothers is challenging new and unique but traditional craft beer.

「あの、素晴らしいビールをもう一度飲みたい。」 美杉リゾートのオーナーの熱い想いから生まれた、火の谷ビール工場。オーナーが渡米した際に出会った、とある店のペールエール。アメリカンスタイルの個性的なその味に衝撃を覚え、日本に帰国後、同じ味わいのビールを探しますが、なかなか見つからなかったため、それを再現するために、美杉の地にブルワリー(=ビール醸造所)がつくられました。

オーナーの思い入れは、アメリカのブルワリー施設をそのまま輸入するほど。オーナーが、どうしても再現したかった味、それが“火の谷ビール”なのです。

現在ビールを造るのは、若手兄弟二人。火の谷ビールに新しい風を吹き込み、エールビール、ラガービールにとらわれることなく、真に美味しいビールを探求しています。ラベルにもこだわりを持ち、自らもデザインをし、鮮烈でオシャレで、思わずコレクトしたくなる。そんなラベルを目指しています。

We try to create authentic lager and ale beer, such as German style, English style, American style and our original style. Also, the label design is quite unique and cool.

 

撮影:加納準

 

醸造責任者が語る、ビールへのこだわり

Excellence of designing beer by brewmaster

火の谷天然銘水100%仕込

ビール造りにおいて、水は本当に大切です。火の谷の湧き水は、ここ火の谷より上は誰も住んでいない、全くの汚染がない、美杉の澄んだ空気の中脈々と湧き出る天然水です。ビールの本場ドイツでは、古くから「ビールは良い水で造れ」と言われています。水の成分を変えることなく、その地で生まれた水をそのまま活かす、これが真の地ビールなのだと考えます。

Water is the most important to brew beer. We use the finest spring water from Hinotani valley which is no contamination because there are no people living upper of the valley. We dare not to add any chemicals on the water. We believe that craft beer must be made from the natural water belonged there.

 

地元の農産物を活用したビール造りプロジェクト

english

火の谷ラガーには美杉町の有機農家が栽培した米を、伊賀流忍者麦酒には伊賀の酒米「うこん錦」と「伊賀黒米」を活用しております。それぞれがみえセレクションにも選定されており、火の谷ラガーは国際ビール品評会で銅メダルを受賞しました。
現在大麦麦芽の栽培にも着手する計画をしています。地域内での産業連関を強め、地域経済活性化に努めていきます。